しっかりケアをしよう

妊娠中のお口のケア方法について

起こりやすい症状とは

普段と身体の状態が異なっているので、口内のトラブルが起きやすいです。 前もって妊婦は、どのような症状が出やすいのか調べておきましょう。 すると対策を考えられるので、症状が悪化することを防げます。 大きな病気にならないように、普段からケアを続けましょう。

事前に情報を入手しておこう

口内がネバネバしているように感じたら、歯垢が溜まっていると判断できます。
これはつわりで歯磨きが不十分になり、菌や歯垢が増えたことが原因です。
また妊娠すると、体内で分泌されるエストロゲンの量が増えます。
すると歯肉が赤くなったり、腫れたりするので正しいブラッシングでケアを行ってください。
異変が見られても放置していると、歯周病に発展する可能性があります。
さらに口臭がひどくなったり、虫歯ができやすくなったりするので、妊娠中で体調が優れないかもしれませんが、しっかり歯磨きを続けましょう。

口内の病気は、初期の場合は自分で気づくのが難しいと言われています。
悪化してから治療しても遅いので、定期的に医師に診てもらうことをおすすめします。
1か月に1回のペースで、定期検診に行くと安全ですね。
歯医者を選択する際は、妊婦に理解のあるところがおすすめです。
すると安定期に入ってから治療してくれるので、流産するリスクを最小限に抑えられます。

また、近くの歯医者を選択しましょう。
遠くの歯医者では口内のトラブルが起こっても、気軽に受診することができません。
数分で行ける距離の歯医者がベストです。
さらに、出張検診を行っている歯医者でも構いません。
それなら自宅に医師や看護師が来て、口内のトラブルが起こっていないかチェックしてくれます。
自分の体調がこれから悪化することを考慮して、出張検診を行っている歯医者の情報もチェックしましょう。

自分で気づくのが難しい

虫歯や歯周病になっても、初期症状の段階だと自分で気づけないことが多いです。 痛みを感じたり出血が見られたりする時は、すでに悪化している状態だと思ってください。 悪化してから治療を始めても遅いので、初期症状の段階で気づけるように定期検診を受けましょう。

できるだけ近くの歯医者が良い

評判が良い歯医者があった場合でも、かなり遠くて行くのに1時間以上掛かる場合は控えてください。 妊娠中は、いつ何があるかわかりません。 口内の病気を早く治療するためには、困った時にすぐ相談できる歯医者が必要です。 自宅からの距離を調べて、決めましょう。

Topへ戻る