起こりやすい症状とは

ブラッシングが重要

つわりがひどくて、歯磨きがあまりできない人が見られます。
しかしそのままにしておくと、口内で菌や歯垢が溜まってしまいます。
すると唾液の分泌量が減り、次第に口内がネバネバしていくでしょう。
そうならないよう、歯磨きを絶対に怠らないでください。

さらに妊娠したことがきっかけで歯茎が腫れたり、赤くなったりする人が見られます。
それはエストロゲンが体内で増えたり、内分泌が変わったりすることが原因なので、妊娠中の女性なら誰でもあり得ることです。
ただ歯茎から出血して、なかなか止まらない場合はすぐ医師に相談しましょう。
この症状を妊娠性歯肉炎と呼び、放置すると歯周病に繋がります。
こちらも正しく歯を磨くことで、対策ができます。

栄養バランスを見直そう

エストロゲンが増えると、口内に雑菌が溜まりやすい環境になります。
すると、口臭がひどくなる症状も見られます。
口臭が気になる場合でも、強く歯を磨かないように気を付けてください。
食事の後に歯を磨く習慣を続けるだけでも、雑菌を除去し、口臭対策ができます。

妊娠している時は、虫歯ができやすい時期なので注意してください。
ですから普段以上に、念入りに磨くことを心がけてください。
さらに口内環境を整えるためには、バランスの取れた食事も必要です。
栄養が不足していると口内環境が悪化し、雑菌が増えてしまいます。
妊娠中は食べられるものが限られる人がいますが、無理のない範囲でバランスを整えましょう。
特に、野菜を多めに摂取してください。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る